出会い系で出会った場合親への報告はどうすればよいのか

趣味の集まりやサークルなどで知り合ったことにするのも一つの手段

しかしインターネットの出会い自体に良い印象を持たないようであれば、趣味の集まりやサークルなどで知り合ったことにするのも一つの手段となります。
サイトの中にはコミュニティがあるところも多いので、これも大きな意味でとらえれば嘘にはあたらないでしょう。
もちろんのことをどのような趣味にするのかは、前もって事前に話しておかなければなりません。
それでも難しいようであれば、心配をできるだけ掛けないように友人の紹介としておくのが無難です。
リアルの場合でもナンパや合コン、お見合いパーティー等がきっかけで交際に至った夫婦の場合にも、父母に対しては友人の紹介で済ませてしまうカップルも多くみられるのです。
このような場合には万が一のことを考えて、信頼できる友人などに話を合わせてもらえるように依頼するのが良い方法です。
そもそも自分たちの父母は、わが子の将来がうまくいくように、幸せになれるようにと考えて心配するのです。
自分の意志があるのか、生活基盤はしっかりとしているのか、身なりがおかしくないのかなど、信用できる相手であれば、どのようなことがきっかけでも基本的には受け入れてくれるものです。
しかしインターネットに対する偏見があまりにも強く、誤解を解くのさえ難しいというのであれば、オブラートに包んだり、嘘も方便という言葉を使い安心させるのも一つの手段となります。
また親だけではなく友達や会社の人たちへのなれそめはどのように報告すればよいのかと悩む人も多いでしょう。
きっかけはどのようなことでもよいのですが、やはり女性の立場は気遣った方がよいといえます。
男性でも女性でも大の親友といえる相手であれば正直に言っても理解してくれることでしょう。
しかし広い意味での友人や職場仲間の中には、インターネットでの出会いをよく思っていない人も確実に存在するので、二人で事前に話し合いを行うようにしましょう。

海外の場合夫婦の3分の1がインターネットを通じて知り合ったといわれる : 最初の問題が、大切な両親への結婚報告 : 趣味の集まりやサークルなどで知り合ったことにするのも一つの手段